テーブルの選び方について
~絶対に失敗しない方法~


テーブルは用途や空間サイズに合わせて購入すると、大変使いやすく快適です。特にリビングやダイニングのテーブルは、みんなが食事や作業をする大切な場所。居心地のよい場所にするためには、最適なダイニングテーブルを選ぶことが肝心です。

今回は、テーブルの選び方やスペースの計算方法などをご紹介します。一生もののデーブルに出会っていただきたいです。

 

・テーブルサイズの選び方について

一人あたりのスペースは奥行4050cm、幅は6070cmです。ダイニングテーブルの場合、ご飯やおかずなどを並べると、これくらいのスペースが必要になります。

例えば4人家族でしたら、奥行80100㎝、幅120140㎝のダイニングテーブルが程よいです。多少大きめのテーブルを買った方が余裕をもって物が置けますし、作業もしやすいでしょう。

また、テーブルと椅子の高さも大切です。疲れにくい椅子の高さは「背もたれに背を付けた状態で、ちょうどかかとが付く高さ」と言われています。しかし、複数人でテーブルを使う場合、人の身長はバラバラの場合が多いです。

選び方としては、テーブルを使う人の中で背の高い人が椅子の高さを選びます。背が低い人は座布団で調節するとよいでしょう。ベストなのは、それぞれの身長に合わせた椅子を用意することです。

そして、椅子の座面(座る部分)から30㎝加えた高さのテーブルを使うと、食事や作業がしやすいです。

 

・レイアウト、スペースの使い方について

お部屋のレイアウトを考える際に重要なのは、歩きやすさや動きやすさです。そのためにもテーブルと椅子のスペースをしっかりと確保しておくべきでしょう。

ダイニングテーブルを購入する場合は、テーブルの奥行に椅子のスペースも加えて計算しておくと失敗がありません。

椅子を置くスペースは、着席時テーブルから3050㎝必要です。テーブルと壁の間は6090㎝あると余裕をもって椅子に座れます。

例えば4人家族でしたら、テーブルの奥行80㎝に2つの椅子のスペース分(60㎝)を加算します。そうすると140㎝のスペースが必要であることが分かります。

さらに、机と椅子に必要なスペースに加え、人が歩くスペースを60~90㎝確保しておくと歩きやすいです。

 

・使い方に合わせたタイプの選び方について

テーブルのサイズや形は用途に合わせると快適に使えます。

例えば、家のサンルームにカフェスペースを作りたい場合、カフェのような1本脚の丸いテーブルを置くとオシャレですし、4本脚のテーブルと違って椅子も置きやすいので、小さなスペースでも快適に使えます。

リビングなら、くつろげるソファと低めのテーブルを置けば、テーブルやソファの上に空間が生まれるため、部屋が広く見えて開放的です。

家族が増えそうな場合や、食事の補助が必要なお子さんがいる場合などは、23人で一緒に座れるダイニングベンチの方が使い勝手がよいでしょう。

このように、用途によって適したテーブルや椅子が違いますので、用途や使う場所を明確にしてから選ぶことが大切です。

 

・脚位置や脚のサイズ等のアドバイス

テーブルは4本脚(あし)、2本脚、1本脚が主流です。

4本脚は椅子の出し入れがしにくいのが難点ですが、安定感があり、4辺に椅子が置けます。ダイニングテーブルは4本脚がもっともポピュラーです。

2本脚のテーブルは脚が少ない分、椅子の出し入れがしやすいため、比較的少ないスペースでも使えます。奥行きが短いタイプも多く、部屋の壁や隅にぴったりとつけても使いやすいです。

カフェでよく見かけるような1本脚のテーブルは、椅子を配置しやすいのが特徴。テーブルの中央に置いた食べ物をみんなが取りやすいのも魅力です。

 

 ・ダイニングの雰囲気に合わせたテーブル選び

ダイニングに合ったテーブルを置けば、ダイニングの格が上がりますし、雰囲気がよくなるため、自然とみんなが集まります。

丈夫さ、スタイリッシュさ、暖かみ、派手さ……テーブルを選ぶ基準は色々ですが、ダイニングの色合いに合っていることが重要です。

その点、天然木のテーブルは色がナチュラルなので、どんな色合いのダイニングにもしっくりきます。つまり天然木のテーブルを選べば「ちょっと派手なテーブルを買ったら、部屋の色合いと全く合っていなかった」といった失敗もありません。

しかも、自然の物ほど飽きが来ません。天然木のテーブルなら木目調や色合いに無理がなく、視覚的にも疲れないからです。天然木のダイニングテーブルは一生使えるところが魅力と言えます。

 

・まとめ

今回はテーブルの選び方をご紹介しました。椅子のスペースと歩くスペースを確保すること、そして適切な高さのテーブルと椅子を選ぶことが重要です。

「買ってみたものの、ダイニングには大きすぎた、色合いも合わない」といった失敗をしないためにも、幅や高さの計算はしておき、天然木のテーブルを選ぶとよいでしょう。