メンテナンス

ご購入いただいた一枚板テーブルのお手入れ方法をご紹介します。

一枚板と長く付き合うために

一枚板の魅力のひとつは、一生モノの家具であること。
何百年という長い歳月を生きてきた木々を丁寧に成形し、購入当初の美しさはもちろん、経年変化による深みまで味わえる逸品です。
ただ、長く付き合うためには、しっかりとお手入れをすることも大切。木材特有のクセや、仕上げの塗装方法によるお手入れの違いもあります。手間を掛けた分だけ、長く応えてくれるはずです。
世代を超えて受け継ぐことのできる一枚板。正しいメンテナンス方法を学び、どうぞ大切にしてあげてください。

割れ・反りについて

天然木の家具はその周りの湿度やその他の環境によってごくわずかですが、伸び縮みしています。冬場は暖房器具等の利用でお部屋が乾燥しすぎると反りや割れの原因となる場合があります。特に温風や冷風が直接天板に当たらないようにして下さい。また加湿器で湿度を保つと効果的です。反りなどでがたつきが出た場合は、天板と脚部の間に滑り止めゴムを挟んで調節することができます。

シミ・汚れ・傷について

シミや汚れ、傷がついてしまったときは、仕上げの塗装方法によって、メンテナンスの方法も変わってきます。間違ったメンテナンスを行うと逆に木材が傷んでしまうことも。
ご自分でメンテナンスを行うときには、しっかりと正しい方法を確認して行うようにしてください。

オイル塗装

最初の1年は半年に1回程度、2年目以降は1年に1回程度、植物に水をあげるように、定期的にオイルを塗り重ねてあげてください。風合いが増し、より愛しい存在になっていくと思います。オイル塗装の場合、オスモオイル(ノーマルクリア)を使用しています。お手入れの際は基本は同じ塗料を使用してください。乾いた後はお子様が舐めても問題ありません。食用油はカビの原因になりますので使用しないでください。

ウレタン塗装

通常のメンテナンスは乾拭きや水拭きで大丈夫ですが、万一、塗装膜が剥がれたり、割れてしまった場合は専門の設備を持つ職人による再塗装が必要になります。
メンテナンスフリーに使われたいというお客さま向けの塗装です。落ちにくい汚れがついてしまった場合は、メンテナンスに食器用洗剤を薄めて軽く擦ってください。
シンナーは使用しないでください。塗装が剥がれる恐れがあります。

セラウッド塗装

セラウッド塗装は、熱・紫外線・薬品(アルコールなど)等に比較的強い塗装です。ただし、沸騰したヤカン等、高温になったものを直接置かず、ランチョンマット・鍋敷きなどをご利用ください。
普段のお手入れは、固く絞った布巾等で拭くだけでOK。天板の上に水滴がついたままのコップ等を長時間放置しないようにしてください。

磨き直し・再塗装について

お使いいただいている一枚板の磨き直し・再塗装を行っています。
職人の手で塗装を一度剥ぎ、天板の研磨・補修を行います。表面を削ることで新しい木目や表情とも出会えます。一枚板・無垢天板ならではの醍醐味のひとつです。新築、お引越し、お子さまの一人立ち、ご結婚などの人生の節目にお勧めしています。

オイルからウレタン、またはウレタンからオイルに塗装変更することができます(板を多少削るため、厚みが薄くなります)。
※費用については「CONTACT」ページからお問い合わせください。

再加工について

お使いの一枚板の加工をいつでも承ります。どうしても間取りに合わなかった、子供が自立して大きいテーブルが必要無くなった…等々、お持ちの一枚板をお好きな長さにカット、使用用途に合わせて加工することが可能です。
※費用については「CONTACT」ページからお問い合わせください。

使用用途例

ダイニングテーブル、リビングテーブル、座卓、サイドテーブル、スツール・ベンチ、子供の遊び机、カウンター、デスク、踏み台、壁掛け、花台…

^